2018年10月19日

ドイツ国防軍陸軍 第503重戦車大隊(ティーガーII重戦車大隊) - Schwere PanzerAbteilung 503 -


第503重戦車大隊(ティーガーII重戦車大隊)
- Schwere PanzerAbteilung 503 -
(フェルトヘルンハレ重戦車大隊)
陸軍直轄独立部隊
1944年12月以降「フェルトヘルンハレ重戦車大隊」に名称変更。
第503の名称はSS第103重戦車大隊がSS第503重戦車大隊(ティーガーIからティーガーIIに車両変更)として継承。

後半のSSパイパー戦闘団(バルジの戦い)のティーガーIIはSS第501重戦車大隊(元SS第101重戦車大隊 ティーガーIからティーガーIIに車両変更)です。



http://www.youtube.com/watch?v=TWfyMKhIgDg

第503重戦車大隊(ティーガーII重戦車大隊)
- Schwere PanzerAbteilung 503 -
(フェルトヘルンハレ重戦車大隊)
陸軍直轄独立部隊

http://www.youtube.com/watch?v=NTHpCTtb_Mk

第503重戦車大隊(ティーガーII重戦車大隊)
- Schwere PanzerAbteilung 503 -
(フェルトヘルンハレ重戦車大隊)
陸軍直轄独立部隊

ドイツ国防軍陸軍 第503重戦車大隊
第503重戦車大隊(Schwere Panzer-Abteilung 503)は、ドイツ国防軍陸軍に存在した重戦車大隊である。他の部隊とは異なり、どこの上級部隊にも属さない陸軍直轄の独立大隊として運用された。
第503重戦車大隊は1942年5月4日に組織された。1944年4月カメネツ=ポドリスキー包囲戦後、第503重戦車大隊は45両のティーガーIIを受領し、再編が図られた。
1944年6月6日のノルマンディー上陸作戦を受けて、第503重戦車大隊は第5装甲軍の麾下となった。連合軍のグッドウッド作戦では、大隊の第3中隊を中心に作戦初日で13両の戦車を失う大きな損害を被っている。7月に第3中隊は新たなティーガーIIを受領したが、そのティーガーIIも連合軍に次々撃破され、ドイツ本国に帰還したのは僅かに2両であった。9月、部隊を再編した大隊はデブレツェンの戦いに従軍し、12月にはブダペストでの防衛任務に当たった。

posted by Idol-Net21 at 07:48| 軍事/動画
Copyright(C)1999-2017 Idol-Net21. All Rights Reserved.