2017年03月02日

ミハエル・ヴィットマンの戦い 1944年6月13日 ヴィレル・ボカージュの戦い


ミハエル・ヴィットマンの戦い 1944年6月13日 ヴィレル・ボカージュの戦い
ミハエル・ヴィットマン単騎1輌 vs 英第7機甲師団
第1SS装甲師団 ライプシュタンダルテ・SS・アドルフ・ヒトラー LSSAH
ミハエル・ヴィットマンは222号車(ティーガーT型戦車)

http://www.youtube.com/watch?v=K1s-WSgJiI0



ミハエル・ヴィットマンの戦い 1944年6月13日 ヴィレル・ボカージュの戦い
ミハエル・ヴィットマンの戦果
戦車12輌(クロムウェル5輌、スチュアート3輌、シャーマン4輌)、ハーフトラック10輌、カーデン・ロイド・キャリア4輌、スカウトカー1輌。

1944年6月13日午前8時、N175街道を進軍していた第7機甲師団の先鋒(旅団規模部隊)が、途上のヴィレル・ボカージュを占領、一時停止して休息に入った。もっとも近くにいたSS第101重戦車大隊第2中隊は、偵察によってこれを察知していた。ただし、おそらくこの時点では、中隊長ヴィットマンはまだ敵が大部隊と知らず、小規模な先行部隊と考えていたと思われる。そのため、彼は偵察を兼ねて、単独で出撃することとした。
単独で出撃したヴィットマンは、市街の南方に回りこんだ。イギリス軍の隊列を分断し、中隊の他の戦車と挟撃するのが彼の作戦であった。
市街地に入ったところで、ヴィットマンは2輌のシャーマン戦車(第5王立戦車連隊の指揮車)と1台のスカウトカー、1台のハーフトラックを撃破した。さらに市街中心部へ進んだところで、第4ロンドン義勇騎兵連隊B中隊のシャーマン・ファイアフライ(ロックウッド軍曹乗車)による攻撃を受けた。ティーガーIの装甲はこれに耐え、ヴィットマンは反転しつつ反撃した。そこへディアス大尉のクロムウェル戦車による攻撃を受けたので、ヴィットマンは市街から抜け出そうと後退した。しかし、建物の中に潜んでいたイギリス軍の6ポンド対戦車砲による攻撃を側面に受け、ティーガーが行動不能となり、ヴィットマンと乗員たちは脱出した。

posted by Idol-Net21 at 21:11| 軍事/動画
Copyright(C)1999-2017 Idol-Net21. All Rights Reserved.